性欲の強い女の私はエッチしたいので出会い系アプリで既婚男性と不倫関係

性欲の強い女の私はエッチしたいので出会い系アプリで既婚男性と不倫関係

私のセックスレス解消法

私は20代のフリーターの未婚女性です。

私は以前から自分自身の性欲の強さには薄々ですが気づいていました。
それは私が学生時代からオナニーを毎日しているという事からも分かる様に、私はフリーターになってからもオナニー三昧の日々を送ってきていたからです。

私は処女はとっくの昔に失ったのですが、コンスタントに男性とセックスする事が出来ず、欲求不満の状態がずっと続いていました。

そんな欲求不満の状態を私はオナニー、それもクリトリスオナニーをする事によって解消してきたのですが、それも1年前に限界が来ました。

セックスを男性とせずには居られなくなってしまったのです。

私は自分の燃え滾る性欲をどうして良いか分からず、とりあえずスマートフォンでインターネットの出会い系サイトに会員登録してみました。

インターネットの出会い系サイトは女性は原則会員登録無料で利用料も無料のサイトがほとんどなので、無料でなら試しにやってみよう、そう思ったのです。

そして実際にインターネットの出会い系サイトには私の様に割り切った大人の恋人の関係を求める男女の会員の書き込みが沢山ありました。

私は大人の恋人になりたいです、とストレートなタイトルで書き込みをした所、30人もの男性から返信メールが届きました。

その中でも同じ県内に住む既婚男性の会社員の人と大人の恋人になる事を決め、実際に会ってラブホテルで一晩中セックスを楽しむ事が出来ました。
【年代 20代|性別 女性|仕事 フリーター】

出会い系アプリでロリ系童顔巨乳と気持ちいいセックス

出会い系アプリでロリ系童顔巨乳と気持ちいいセックス

大学時代、友人達の間で出会い系アプリでセフレを作るというのが流行りました。
同年代とのセックスはどこか味気ないため、セフレとのセックスを堪能する、という友人がかなりいたのです。
僕も、セフレを作るというのは興味があったため、早速出会い系アプリに登録してみました。
そこで、32歳のFカップの女性と知り合いました。
旦那さんがちょうど出張ということもあり、早速会うことにしました。

彼女はSさんといって、自他共に認めるかなりのロリ顔なのだそうですが、会って納得しました。
20代前半といってもわかりません。
こんなロリ顔で年上で巨乳とは、たまりません。
ご飯を軽く食べてからホテルに向かいました。

ホテルに着いて上着を脱ぐと、大きなおっぱいが目立ちます。
僕が見ているのに気づいたのか、僕の手を掴んで胸に持っていきます。
今までこんな経験なかったので、この時点で勃起しまくりです。
するとSさんはしゃがんでズボンを脱がし、フェラを始めました。
セフレって最高だと思いました。
かなり欲求不満だったのでしょう、ベッドに誘い上に乗ってすぐ挿入をしてきました。
Sさんのアソコは既にぐしょぐしょで、動くたびにおっぱいが揺れます。
ロリ顔のくせにプレイはエロくて、本当に最高のセックスでした。

それ以来、出会い系アプリでセフレを探すのにハマっていますが、Sさんを超える人にはまだ出会えておらず、今でもちょくちょく連絡をとってはSさんのロリ顔とおっぱいを堪能しています。
20代/男性/会社員

 

【危険?】出会い系アプリで知り合ったエロい人妻にはまる大学生です。

【危険?】出会い系アプリで知り合ったエロい人妻にはまる大学生です。

大学生も3回生となり、成人式も過ぎてお酒を堂々と飲めるようになると、悪友とつるんで安い居酒屋でワイワイやるのが楽しいものです。

そんな時には色々な話題の最後は、やはり女の話しになるものです。
セックススを経験し、性欲が漲る若者だから当然と言えるのかも知れません。

あの子とやったとか、すでに何人とやったなどと、大きく話しを盛って語り合うものです。
そんな馬鹿話で大笑いするのがまた楽しい年頃なのでしょうネ。

そんな悪友の一人が、ある時、家庭教師をしている子の母親とやったと自慢げに話しだしました。

皆は、若い子にもてずにとうとう人妻に手を出したのか?と冷やかしました。

しかし、その悪友は、人妻とやるともう若い子なんて目じゃ無いぜ!癖になりそうと真顔で話していました。

どこまで本当か判りませんが、私も一度は経験してみたいと思いました。

そんな話題の中で、別の友人が出会い系サイトで人妻を探して見るかと冗談めいて話していました。

世の中には旦那に満たされず、若い男性を求める人妻が意外と多いものだと言うのです。

これまた真偽は分かりませんが、騙されたと思って、ネットの出会い系でセフレとして人妻を求めてみました。

すると、まさかと思うほど、沢山のアプローチがあり驚かされました。

しかし、メールのやり取りはするものの、中々実際に会う段階までは殆ど至りませんでした。

しかし、ようやく43歳の自称未亡人と会う約束を取り付けました。

約束の前日は、まるで遠足の前日の小学生の様に、ウキウキ、ドキドキして中々寝付けませんでした。

シティーホテルのラウンジで合流し、お互いを見極めると、人妻は私を連れて即ラブホに直行です。

この時から、すでに主導権は人妻で、ホテルの部屋に入ると、何度か経験はあるものの、私はもう人妻の言いなりに従うしかありませんでした。

ネチッコイ愛撫やクンニを要求され、人妻のあそこを眺めて、私の愚息は爆発寸前でした。

人妻に奉仕の後は、人妻がフェラで答えてくれました。

しかし私の愚息は限界で、それを察した人妻はいきり立ち、血管の浮き出た愚息に手を添えて自分に導き、まだだよまだだよと呟きながら腰を動かし続けました。

私はあっという間に果ててしまいました。
人妻は駄目ねと呟き、でもこれからねと私の愚息をしごき、口に含み、舌で舐め上げ元気にするなり再び自分に突きたてました。

ズッポリと腰を下ろして根元まで挿入し、人妻は暫くじっとしていました。
すると人妻のあそこが痙攣を起こしたように絞まったり開いたりし、私を咥え込んだヒダはねっちりと纏わりつくようでした。

これは所謂名器なのか、それとも人妻のすご技なのか、、私はこの人妻の虜となり、卒業してその地を去るまでセフレとして付き合い続けました。

エロい女とやりたいと思いつつ「本当にセフレはできるの?」ではじめた出会い系アプリので体験

エロい女とやりたいと思いつつ「本当にセフレはできるの?」ではじめた出会い系アプリので体験

僕はセフレはできないのだろう、と諦めていました。

僕の周囲にはセフレを作った友人や同僚や先輩で溢れていますが、僕にはいっこうにできそうにありませんでした。

それもそのはずで、僕には出会いの場がありません。

どのようにして皆はセフレを作ったのだろう、と疑問していました。

そんなときに友人の一人が出会い系アプリでセフレを見つけたんだと教えてくれました。

出会い系アプリで女の子を探すなんて、ヤバイんじゃないかと思いました。

というのも、僕の脳内図式では、出会い系アプリの女性イコール美人局の印象があったのです。

しかし、その考えは非常に馬鹿げたものだったらしく、友人に笑われてしまいました。

彼は数十人の女性と会ったことがあるが、一度もそんなことはなかったと言いました。

信頼できる友人だったので、僕は出会い系アプリに登録することを決めました。

出会い系アプリに登録して二ヶ月後、僕はカナという30代前半の女性と出会うことになっていました。

写真では落ち着いた雰囲気の、しかし巨乳の女性でした。

待ち合わせ場所に彼女が来るまでドキドキしていましたが、落ち合ってからは普通にデートを楽しみました。

決して美人局ではなかったのです。

そして、カナさんからラブホテルへの誘いがありました。

彼女の経験豊富なエロテクニックに僕のペニスは一晩で三発射精するに至りました。

しかもピルを服用しているとのことで、人生初の中出しまで経験することができました。

今でもカナさんとの関係は維持しています。

本当にセフレができたなんて、夢見心地とはこのことです。
【20代|男|自動車整備】

出会い系アプリで知り合った近所の年上熟女と浮気して中出しセックス

出会い系アプリで知り合った近所の年上熟女と浮気して中出しセックス

仕事以外の知り合いは全くいない土地での生活は思った以上に精神的にキツかったです。

仕事に慣れてきた頃、少しは女性と遊びに行ったりしたいと思うようになりました。

地元に彼女はいますが、なかなか会うこともできず欲求不満になっていたのです。

さっそく出会い系アプリに登録して出会い系アプリ内を探し回りました。

仕事が休みの日は特に用事もないので出会い系アプリばかり覗いていました。

すると、一人の熟女が目に止まりました。

その熟女の条件が大人の恋人と言うことでした。

私は最初、大人の恋人とはどんな関係なのかわかりませんでしたがネット検索をしてすぐに意味が分かりました。

私にとっても大人の恋人という関係はありがたい関係でした。

さっそく女性に連絡を取るとすぐに返信が来ました。

そして、次の日が休みだったので次の日に会いましょうということになったのです。

待ち合わせ場所は熟女がしていしたホテルでした。

私は次の日ホテルに向かい、ホテルに着いたことを熟女に連絡しました。

熟女はすぐに部屋番号を教えてくれてたのでそこに行きました。

熟女は挨拶もそこそこに私にシャワーを浴びるように行ってっきました。

私は言われるがままシャワーを浴びてベッドに向かうと熟女はすでに全裸でベッドに横たわっていました。

欲求不満の私は熟女のムッチリとした体を見て興奮してしまい、体を少しだけ起こさせてフェラをさせました。

しっかりと勃ったので熟女の中に入れると熟女が「気持ちいい、やっぱり若い男の子は硬いね。」と言ってきました。

私は彼女にそんなことを言われたことがないので大興奮で腰を振り続けあっという間にイってしまいました。

熟女にすぐイってしまったことと、中出ししたことを謝りました。

熟女は「私の中が気持ちよかったってことでしょ?うれしい。」と言いまた私のモノをフェラしてきました。

結局その熟女とは私が地元に仕事で戻るまでずっと付き合いがありましたが。
男性 20代 会社員

出会い系アプリでセフレ作り失敗

出会い系アプリでセフレ作り失敗

大学のときはそこそこモテていたので容姿には自信がありました。

よく告白されていたし、複数の人とお付き合いを同時にしていたこともありました。

正直、男には困っていなかったし、それこそとっかえひっかえでした。

しかし、結婚してから旦那一筋と決めて過去の男達とはすっぱり縁を切って結婚生活を送っていました。

最初の1~2年は本当に仲の良い夫婦で幸せも絶頂期だったと思います。

旦那の仕事は元々海外も含めた出張が多い会社でしたが、新婚の頃は私たちに配慮してくれていて出張を極力まわさないようにしてくれてたようです。

次第に旦那の出張とともに家を空ける時間が多くなりました。

私も最初は習い事などをして気を紛らわしていましたが、だんだんと人肌に触れていない寂しさが増えていきました。

ある時インターネットを見ていたらある出会い系アプリに行きつきました。

好奇心でのぞいてみたら女性の登録やメールなどのやりとりが無料だったので興味本位で登録してしまいました。

そして掲示板の書き込みに冗談半分で「旦那が出張ばかりで寂しいなぁ。
セフレ欲しいので募集してます。
」みたいなこと投稿しました。

そうしたら凄い数のメールが受信ボックスに入っていてびっくりしましたが、昔のモテていた頃の感覚がよみがえって気に入った何人かとメールのやりとりをしました。

その中の一人の男性とメールのやりとりも楽しく写真もなかなかのイケメンだったので会ってみようかと思いました。

そして時間を合わせて会うことになりましたが、実際会ってみると写真とは似ても似つかない人が来ました。

なんとなく危険な感じがしたので会話もそこそこにすぐにさよならしました。

この時は出会い系アプリでセフレを探すのが初めてで、また私も何となく軽い気持ちでのこのこと待ち合わせ場所にいってしまいましたが、ネットだけでのつながりだった人にあうリスクを経験しました。

今度はもう少し慎重に相手を探したいと思います。
【30代|女性|OL】

出会い系アプリで作れたセフレは40歳のエロい熟女

出会い系アプリで作れたセフレは40歳のエロい熟女

私は28歳の外資系金融マンです。

実は私、熟女好きなんですが先日出会い系アプリで出会った12歳年上で40歳の独身熟女とセフレになることに成功しました。
最初は喫茶店でお茶をしたんですがとても美人で上品な感じでしたが、まじめでプライドが高そうで「この人とセックスできるだろうか・・・」という感じでした。
でもこのまじめそうな人がどんな風に乱れるのかかなり興味がありました。

2回目はホテルのレストランでイタリアンを食べました。
この時は会話もかなり盛り上がり彼女も満足しているようで「たぶん行けるだろう・・・」と思ったので「部屋を予約してあるんだけれど・・・」と誘ってみるとOKが出ました。

部屋に行くと別々にシャワーを浴びてベッドインしました。
彼女は腰回りに程よく贅肉がついていてまさに熟女という感じで熟女好きにはたまりません。
キスをして大きめのおっぱいを触ると最初は恥ずかしそうにしていましたが、だんだん乱れてきて「アァ~ン、アァ~ン」と気持ちよさそうな喘ぎ声をあげていました。
アソコを触ってみるとだんだん濡れてきてかなり感じているようで気持ちよさそうでした。

ここでコンドームを装着してゆっくり挿入します。
腰をフリフリすると大きめのおっぱいがユサユサ揺れて、かなり気持ちよさそうな顔をしていましたので私もだんだん興奮してきて、気持ちよくフィニッシュしました。
初めて熟女とセフレになってみて「やっぱり熟女はいいなあ・・・」と思います。
20代・男性・金融マン

 

巨乳とセックスしたい僕が出会い系アプリで知り合った人妻とエッチしまくり

巨乳とセックスしたい僕が出会い系アプリで知り合った人妻とエッチしまくり

友人とノリで出会い系アプリに登録してみようということになりました。
当時、僕達には彼女もいなかったので、どうせなら出会い系アプリでセフレを作って大人のセックスをしてみたいという話になり、タイプのセフレ候補を探していました。
すると、Eカップの27歳の新婚ホヤホヤの人妻に出会いました。
僕はかなりの巨乳好きなので、早速連絡を取ってみることにしました。
彼女はSさんという名前で、旦那さんのことが大好きだけれどもセックスには満足していないので、出会い系アプリに登録したということでした。
Sさんも年下とのセックスに興味があるということで、次の日曜日に会うことになりました。

セフレとのデートらしく、車で待ち合わせ場所に向かいました。
Sさんは既に来ていました。
服の上からでも分かる巨乳に早くも半勃起。
そのままホテルへと向かいました。

ホテルに着くと、Sさんはすぐに服を脱ぎ始めました。
やっぱり巨乳です。
僕がじっと見ていると、「触ってもいいよ」などと言うので、遠慮無しに揉ませてもらいました。
Sさんは可愛い声を出し、巨乳を揺らします。
僕はもう早くも我慢できなかったので、Sさんをベッドに誘いました。
Sさんも早くセックスがしたかったようで、上に乗りたいと言い出しました。
同年代の女の子は、こんなに積極的じゃないので、セフレは最高だと思いました。
そのままSさんの旦那さんの帰ってくる時間までセックスをしまくりました。

今でも時々、出会い系アプリを利用してはセフレを見つけてセックスをしています。
やっぱり年上の女性は最高です。
20代 | 男性 | 美容師

 

出会い系アプリで作れたエロい看護師のセフレと淫乱セックス

出会い系アプリで作れたエロい看護師のセフレと淫乱セックス

今まで色々な女性とお付き合いをして来ましたが、35歳を過ぎると、普段の生活パターンでは急激にお付き合いする機会がなくなって来ました。

そこで、出会い系アプリを活用してみようと思い立ちました。

出会い系アプリを利用する事など考えられず、看護婦に絞って探す事にしました。

看護婦なら、激務で日常生活で出会いを得る機会も少なく、またストレス発散のためにセフレを探している人が必ずいると考えたからです。

しかし、実際に会えるエリアとなると、そんな職業条件を付けて、簡単に見つかるものでもありません。

諦めかけた頃、自称看護婦からアプローチが有りました。
中規模の病院に勤務るるベテラン看護婦で、私より少し上の40歳との事です。

年上の熟女の看護婦と言う響きが、週刊誌知識から、変な期待が更に盛り上がり、ぜひ会いたいと懇願せんばかりに、メールで口説きました。

そして、実際に会うと、もちろん看護婦だと言う感じは微塵もなく、普通の熟女に感じられました。
最初の日は、夜勤明けとの事で、次回のデートを約束して分かれました。

次に会った時、もう昔からの恋人気分で、ラブホに向いました。
全裸になってベッドに倒れ込むと、初めてにも関わらず、リードは常に彼女の方で、激しく燃え上がっては昇天しました。

萎えた私のあそこを、慣れた手付きでしごき、舌で舐め上げ、美味しそうに咥える姿は淫乱そのものでした。
たまたまかも知れませんが、週刊誌情報に違わぬ激しさに大いに満足しました。

その次に会った時には、私のリクエストで看護婦の白衣姿で事を始めました。
白衣を脱がせ、小さなパンティーに、白いストッキングはまさに看護婦ならではの色香が漂い、私は激しく彼女を攻め立てました。

彼女は、子供をあやすように受け入れ、一度お互いに昇天すると、またしても女性上位の体位でリードし、何度も昇天を繰り返し、夜が白むまで延々と狂ったようなセックスを展開しました。

聞きしに勝る淫乱さに、少し恐くなるほどですが、そのテクニックから離れられず、今もセフレとして、彼女の勤務の都合に合わせて楽しんでいます。
30代後半 男性 サラリーマン

 

出会い系アプリで年上の女医さんと定期的なセフレ関係

出会い系アプリで年上の女医さんと定期的なセフレ関係

私は今30歳の外資系金融機関に勤務する独身男性です。
出会い系アプリで出会った5歳年上の女性とセフレになりました。
彼女の方から私にメールが送られてきて実際に会うことになったんですが、彼女は実は女医さんなんです。
内科医であることを始めてあった喫茶店で聞いたときはちょっとびっくりでしたが、感じの良さそうな女性で私はとても気に入りました。

彼女も私のことを気に入ってくれたので2回目にあったときはシティホテルのレストランに行きました。
ここで和食を食べた後、「部屋を取ってあるんだけど・・・・」と話したところ「じゃあ行こう!」ということになり部屋に行きました。

別々にシャワーを浴びた後ベッドに行くと彼女は裸の状態で待っていました。
裸の彼女は思っていたよりもおっぱいが大きめでちょっとラッキーでした。
腰回りに贅肉が付いているので「恥ずかしい」といっていましたが私は気になりませんでした。
彼女のおっぱいを舐めながらアソコを触るとだんだん濡れてきて「アァ~ン」と自然なあえぎ声で喘いでくれます。

そして彼女も私のアソコをシコシコしてくれマックスになったところでコンドームを装着してゆっくり挿入します。
彼女はバックが好きなようで私がコンドームを装着し終わるとすでに四つん這いの状態で待っていました。
腰をフリフリしていると逝きそうになってきたので正常位に体位を変えもう一度腰をフリフリします。
彼女の気持ちよさそう顔は興奮を誘いそのまま気持ちよくフィニッシュしました。
これ以降私達は定期的にあってセックスを楽しんでいます。
30代・男性・金融関係