出会い系アプリで作れたエロい看護師のセフレと淫乱セックス

出会い系アプリで作れたエロい看護師のセフレと淫乱セックス

今まで色々な女性とお付き合いをして来ましたが、35歳を過ぎると、普段の生活パターンでは急激にお付き合いする機会がなくなって来ました。

そこで、出会い系アプリを活用してみようと思い立ちました。

出会い系アプリを利用する事など考えられず、看護婦に絞って探す事にしました。

看護婦なら、激務で日常生活で出会いを得る機会も少なく、またストレス発散のためにセフレを探している人が必ずいると考えたからです。

しかし、実際に会えるエリアとなると、そんな職業条件を付けて、簡単に見つかるものでもありません。

諦めかけた頃、自称看護婦からアプローチが有りました。
中規模の病院に勤務るるベテラン看護婦で、私より少し上の40歳との事です。

年上の熟女の看護婦と言う響きが、週刊誌知識から、変な期待が更に盛り上がり、ぜひ会いたいと懇願せんばかりに、メールで口説きました。

そして、実際に会うと、もちろん看護婦だと言う感じは微塵もなく、普通の熟女に感じられました。
最初の日は、夜勤明けとの事で、次回のデートを約束して分かれました。

次に会った時、もう昔からの恋人気分で、ラブホに向いました。
全裸になってベッドに倒れ込むと、初めてにも関わらず、リードは常に彼女の方で、激しく燃え上がっては昇天しました。

萎えた私のあそこを、慣れた手付きでしごき、舌で舐め上げ、美味しそうに咥える姿は淫乱そのものでした。
たまたまかも知れませんが、週刊誌情報に違わぬ激しさに大いに満足しました。

その次に会った時には、私のリクエストで看護婦の白衣姿で事を始めました。
白衣を脱がせ、小さなパンティーに、白いストッキングはまさに看護婦ならではの色香が漂い、私は激しく彼女を攻め立てました。

彼女は、子供をあやすように受け入れ、一度お互いに昇天すると、またしても女性上位の体位でリードし、何度も昇天を繰り返し、夜が白むまで延々と狂ったようなセックスを展開しました。

聞きしに勝る淫乱さに、少し恐くなるほどですが、そのテクニックから離れられず、今もセフレとして、彼女の勤務の都合に合わせて楽しんでいます。
30代後半 男性 サラリーマン